ネズミ駆除の方法や人間に与える被害を知ろう

男の人

関節的被害だけでなく実害も

ねずみは雑食性なので、人間をかじることもあります。多くの菌を持っているねずみに噛まれてしまうと、アレルギー反応であるアナフィラキシーショックを起こして最悪の場合死に至ることもあります。また、食中毒で有名なサルモネラ菌や、ハンタウイルス、E型肝炎ウイルスなどを持っています。噛まれなくても、住み着いている場所にはこれらの菌がいてもおかしくありません。ねずみによる被害を防ぐためには、ネズミ駆除を行うしかないでしょう。

ねずみ駆除の方法

ホームセンターなどには、ねずみの対策グッズが多数販売されています。原始的な捕獲用のかごや、強力な粘着力でネズミを捕獲するシート、食べると死ぬ殺鼠剤などをよく見かけます。ですが、それらのグッズを用いて駆除しても数が減らないという経験をした方はきっとたくさんいるでしょう。それは、ねずみの繁殖力が原因です。ねずみはとても強い繁殖力を持っており、個体によっては年中子ども産み続けるねずみもいます。一度に5匹前後産むので、いくら駆除しても駆除しても減らないのも納得出来ます。ねずみはこの親と子ども全てを根絶やしにしないといけないのです。ですが、すべてのねずみを駆除するためには専門的な器具などが必要になるので、手に負えないという状況になる前にネズミ駆除業者へ依頼するといいでしょう。

害獣駆除の対象とされている動物

  • アライグマ
  • ヌートリア
  • ハクビシン
  • キョン
  • ねずみ
  • タイワンリス

あわせて読みたいオススメ記事

鳩

確実な鳩対策方法は駆除の専門業者へ依頼すること!

街で見かける可愛らしい鳩は、実は体内に多くの菌を持っているので、放置しておくととても危険です。菌の中には、人に感染するものをあるので、気をつけなければいけません。一番の予防方法は、鳩を近づけないようにすることです。鳩対策はたくさんありますが、その中でも効果が高いとされている対策を紹介しています。家に鳩が住み着いて困っている方は試してみてください。

READ MORE

駆除業者利用の流れ

問い合わせ

利用する業者に問い合わせて、駆除を依頼したい旨を伝えます。被害の状況や建物の広さなどから大まかな料金の見積もりを取ってくれます。見積もりはあくまで参考程度ですが、利用出来そうなら駆除をしてもらう日を選んで予約を行います。一緒に住所や名前、電話番号などの必要情報も伝えます。これで問い合わせは終了です。

駆除

予約した日になると、作業員が現場に来ます。料金が固定のプランなどの場合はこの時に支払うこともあります。そして駆除作業を行っていきます。駆除にはさまざまな方法がありますが、ねずみの巣となっている場所を片付けたり、薬剤を散布したりなど現場の状況を見て判断します。建物の関係上、巣に近寄れない場合は、業務用の粘着シートなどを巣の周辺に仕掛けて後日回収することもあります。

料金の支払い

作業は大体1~2時間程度で終わるでしょう。作業が終了したら、現場を確認して何も問題がなければ料金の支払いになります。支払いが終わると業者が帰り、ねずみ駆除完了になります。

広告募集中